昭和ひとけた はしり書き 

                     トップページ

                 かんなくずびとのブログへようこそ     

Photo               

 

 

田舎で宮大工修業を重ね昭和28年知人を頼って上京したが希望の職場がなく

住み込みで働ける棟梁を転々と探し続け師事して東京の仕事を取得した。

宮大工としての夢は消えたが町場工務店の仕事は多くのお得意さんとの出会いが

あり仕事を通じて人間修養の最高の職場であることを感じた。 

壷金人、鉋くず人、(棟梁)になることの希望が自分を支えてくれた。

七転八起というが今の住いは八度めの住所、最後の棟梁にお世話になりながら

昭和30年独立した。設立以来63年になります。世代交代で名ばかりの会長の座

におさまりましたが、昭和ひとけたの88歳。

なれておりませんのでコメントにお返事遅くなるかもしれません

がよろしくお願いいたします。

 


にほんブログ村

よかったらクリックお願いします^^

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2020年12月27日 (日)

注連飾り

今日12月27日は、日曜日、不成就日、           大安、

明日12月28日は、月曜日、官庁御用納め、納の不動、 赤口、

起用Photo_20201224093501

                     注連飾り

Photo_20201224093502

                    神棚の注連飾り

注連縄は古くは年縄、標縄とも言われ正月の神「年神様」を迎え

年神のいる聖城清浄な区域を示すためなわばりの意味でもある。

暮れには家々で、新しく締めを作り玄関や神棚、台所の荒神様

に限り年を迎える。注連飾りにも色々あり、東京では伊勢海老、

橙、穂俵、歯朶など派手に飾る。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年12月25日 (金)

橙 「ダイダイ」

今日12月25日は、金曜日、終い天神、蕪村忌、  先負、

明日12月26日は、土曜日、三碧、          仏滅、

Photo_20201221084101

                                     橙 「ダイダイ」

2_20201221084101

                    新年のお飾りに使用してます

橙は晩秋から熟しはじめ赤黄色となる.球形もしくは扁平な球がたを

している。そのまま採取せずにおくと春再び青色に戻る。回り青橙と

も言われる。秋になれば黄色になり捥がずに置けば同じ一樹にに幾年

もとどまるので「だいだい」代々と云われ正月のかざりにされている。

 

  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

煤払い

今日12月23日は、水曜日、一粒万倍日、           先勝、

明日12月24日は、木曜日、クリスマスイブ、納の地蔵、  友引、

Photo_20201219091101

                   弥陀仏

1_20201219091101

                   本堂煤払い

新年を迎えるために年末に、神仏棚はじめ家の内外を掃き

清めることを煤払いと言う。この日を煤仏の汚れた畳などを

払って終わってから、ご祝儀酒が見舞われ年の暮を思わせ

るが現在は十二月十三日と限らず行うことが多い。

 

  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

 

| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

冬至

今日12月21日は、月曜日、冬至、ゆずゆ、納の大師、  大安、

明日12月22日は、火曜日、一粒万倍日、          赤口、

Photo_20201217083101

             冬至

2_20201217084201

          冬至の朝

二十四気の一つ陰暦十一月の節で立冬より四十五日後大雪後

十五日、陽暦十二月二十二日、か十三日頃に当たる、太陽が

ちょうど二百七十度になるこの日太陽は北半球からもっとも

遠ざかり昼間の時間がもっとも短い日である。この日を境に

また日が長くなってくるところから一陽来復と称する。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

年の内

今日12月19日は、土曜日、不成就日、       先負、

明日12月20日は、日曜日、九紫、          仏滅、

    1_20201215100001

                 年の内

Photo_20201215100001

                      宅配便

その年もあと幾日もないころを言うのか年の暮ほど押し迫った

感じはない。年内に片付けておかなければならぬ仕事が多いが

まだどこかに余裕がある。陰暦では年によって年内立春もある。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします゛曜日

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

湯豆腐

今日12月17日は、木曜日、東京浅草観音歳の市、伊勢神宮月次祭、

                  奈良春日大社若宮おん祭、    先勝、

明日12月18日は、金曜日、納の観音、               友引、

Photo_20201212085802

               湯豆腐

Photo_20201212085801

                 湯豆腐で一杯

鍋に昆布一枚敷いて煮たて手ごろに切った豆腐わ入れる湯豆腐は

料理も手軽で、あっさりした味であるところが喜れるものである

湯気の立つた純白の豆腐を取り掬って食べる趣味その情趣は字と

共に冬ならであるものである。

  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

 

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

大根干す

今日12月15日は、火曜日、年賀郵便特別扱い、世田谷ボロ市、  大安、

明日12月16日は、水曜日、天一天上、                   赤口、   

    3_20201209103401

                  大根干す

5_20201209103401

                       干し大根

大根を引き抜いた後よく洗い関東地方では十本ぐらいづつ束ねて

干す。これが大根干しで架木や軒先など邇けて並べたものが干し

大根、そんな風にして干されている大根が干し大根、干した後は

たくあんや、切干にするが生干し状態の大根を麹でざっと漬けた

ものが浅漬けべったら漬けである。初冬の食卓にだされた浅漬け

の味には郷母の味がある。

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

霜柱

今日12月13日は、日曜日、三隣亡、               赤口、

明日12月14日は、月曜日、東京高輪泉岳寺義市祭、    先負、

1_20201209090801

                       霜柱

Photo_20201209090801

                   トンボト霜

土地の水分が寒気のために柱状、氷の結晶体となって地表に現れ

る現象とむずかしく解説しなくとも、誰もが知ってる景物で畑の片隅

或いは、切り通しの崖など特に目立つ。霜柱には氷柱とは違う複雑

な光があり、気性でいえばやや気短な感じがある。日に照らされて

崩れる姿はいささか見苦しい。

  

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

冬の田んぼ

今日12月11日は、金曜日、一粒万倍日、          赤口、

明日12月12日は、土曜日、岡山最上稲荷火焚祭、    先勝、

Photo_20201205134601

                   冬の田んぼ

Photo_20201205134602

                   眠る田んぼ

稲を刈り取った後そのままにしてある冬の田んぼが眠ってる。

二毛作の場合は麦を蒔きまた野菜などを作る場合が、多いが

これは一毛作の休め田である。もう穭 「ヒツジ」も生えず借株も

黑くなって稲の一生を物議している。休め田ともいう。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

北颪 「キタオロシ」

今日12月9日は、水曜日、皇后誕生日、京都了徳寺大根焚き、漱石忌、仏滅、

明日12月10日、木曜日、世界人権デー、納の金比羅、大宮氷川神社大湯祭、大安、 

Photo_20201205090301

                      吹き降ろす北風

Photo_20201205090302

                     北颪 「きたおろし」

北颪とは冬季山から吹き降ろす寒い北寄りの空っ風の事である。

十二月に入ると、晴れた日が続いてこの風が吹くようになるが

からっ風については上州が有名である。北風と言うこの寒い風

は日本海側からの冷たい風が中央山脈を超えて吹き降りてくる

一種のフエン現象である。

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

«年の暮、師走