« 資産の管理 | トップページ | 新年 »

2009年10月24日 (土)

資金力と感性

               長期優良住宅

50年或いは100年の構想で建築決定を受けたとしても、10年又20年後は

どのようになっているのか解りにくい中で、少子化と高齢化が進み不透明

で複雑であり、親の建てた家に子供達がかならず住むとは限らない世襲

の流れの中で、建築基準法も年々と厳しくなり将来増築できるスペ-スと

構造が大事で大さな家ではなく、小さい家からの発想で下屋方式の構造

で家族構成の変化に伴い増築、或いは必要なくなったと時は減築できる

構造こそ一次取得者の資金力と感性の変化に応じるものと思われます。

 

                                               Img_16591  

 

                  創業55年のあゆみ

当社は西東京市を中心に住まいづくり創業以来55年の実績があります。

自然環境と住まいづくり概念を与えられた天職として、誇りと使命感の中

で永続的な人間関係を構成、し納得のゆく生活感を提案し私共の技術と

心を提供して参りました。創業55年のあゆみの中で本年役員の世代交代

も計りました。蓄積してきたノ-ハウを若い世代に託し更に広く地域社会

に貢献していきたいと思っております。

       Img_14941

                            Img_14771

|

« 資産の管理 | トップページ | 新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資金力と感性:

« 資産の管理 | トップページ | 新年 »