« お花見と直会「なおらい」 | トップページ | 竹の秋 »

穀雨 「こくう」とは

穀雨 「こくう」とは二十四節季の一つで花が散り過行く春を惜しむ頃と言われて

おります。春の季節では最後の節季となります。「穀雨」 とは田畑の準備が整い

本格的な農作業に入る前に文字通り田畑を潤し穀物の成長促す春雨のことを言

います。野菜も草花も青々と葉を育てる時期に入ります。「行く春」 という言葉に

表れているように過行く春を惜しむ頃で、桜の花も散り東風 「こち」 が吹き渡り

木々の緑も鮮やかになり穀雨が終わるころには八十八夜を迎えます。

        004

                    葉桜

         8567106093_2b1eb1eefa_m
        

                              たんぽぽ

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

|

« お花見と直会「なおらい」 | トップページ | 竹の秋 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/70232834

この記事へのトラックバック一覧です: 穀雨 「こくう」とは:

« お花見と直会「なおらい」 | トップページ | 竹の秋 »