« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

薔薇の花

どこの薔薇園も賑っています。薔薇という字は難しいがひらがなで書くとなんとなく

合わないがやはり薔薇は漢字が似合う花である。薔は 「ミズタ」 で薇はぜんまいの

こと二つ合わせてバラと読.ませるのは少々苦しい感じである。古くから渡来の鑑賞

植物だが新種改良されその種類は無限である。晩春から花が咲くが初夏を盛期と

して初秋までつづく。色彩形態によって人の好みはさまざまだが花咲乱れたバラ園

は豪華そのものである。

  

                          薔薇

 

 

          薔薇の香や吹きぬく風も赤色に

                                            かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利休梅 「リキュウバイ」

初夏の花だがまだ残っていた。中国原産のバラ科の落葉低木で高さ3~5メートル

葉は長楕円形で互生し枝は赤味を帯びて4~5月ごろ純白の五弁花で梨の花に似

ている。利休梅 「リキュウバイ」の名は大阪地方の植木屋の間から発生したと言われる

が、この花の静かな風情を表していること「梅花下野」と命名したが梅の花の白さと

繡線菊 「シモツケ」 の花形に似ているからと言われる。

 

                                利休梅*

                            利休梅

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏燕

種別ではなく夏に見かける燕の意、燕は南方から渡来する春を季と定めて

いるが、育雛期の夏は特別親しみ深いものである。円月型の翼をひるがえ

して高速飛翔する雨燕の姿も美しいものである。また晩夏のころ育雛が終

わっていよいよ南方へ帰るときの近ずくと、親子もわかちがたい群れをなし

て青空を翔ぶさまは壮観でありなにやら健気な感じのする鳥である。

 さ

              つばめ                           田園風景

1016 

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します


| | コメント (0) | トラックバック (0)

郭公と閑古鳥

かっこう、かっこうと艶のある声で鳴くから郭公と呼ばれ、親しまれている鳥で

ある。五月中旬から六月にかけて南方から渡ってくる。山麓や平野などに棲

み田植の頃に聞いたものだがこの頃は田植も早く郭公の声と合わないようだ

郭公の羽根は茶色を帯びた灰色で、胸に横班があって飛翔中に見上げるこ

ともある。八月半ばになるとみなみへ帰ってゆくがなごやかな日を作ってくれ

る渡り鳥である。

  

                         郭公がなく田園風景

             鳴き足りぬ郭公うれう星一つ

                                               かんなくず人

 にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小満 「ショウマン」とは

二十四節気のひとつで旧歴の植えでは四月中旬頃新暦では五月二十一日頃

をいいます昨日でした。小満の頃を「麦生日」バクショウビともいうように陽気が暖

かくなって麦畑が黄緑色に色づきだすなど万物が次第に成長して天地に満ち

る頃となります。「暦便覧」コヨミベンランはこの頃のことを「万物盈満すれば、草木

枝繁る」と記しています。小満は農家の人にとっては作物を育て収穫を得ると

いう充実の季節到来なのです。

    

             小麦畑                             収穫時の 小麦

262

     夏めくや小池の水輪まばたきぬ

                               かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三社祭「さんじゃまつり」とは

東京、浅草の浅草神社のお祭りで5月の第3金曜日から週末にかけて3日間

行われ百数十万人の見物客か訪れる。浅草神社は推古天皇のころ隅田川

で浅草寺の本尊の観音像を網で引き上げたという土師真仲知、檜前「ヒノクマ」

浜成、檜前武成の3人を祀っている。このため古くは三社権現、三社明神と称

された。祭りでは氏子区域の町から100余基の神輿が宮入と称して神社にお

祓い受けに繰り込み仲見世を練る。


    



                     三社祭

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五月後半行事

5月17日は    日光東照宮春季例大祭

5月18日は    国際親善デー

5月19日は    奈良唐招堤寺団扇まき、奈良興福寺薪能

5月20日は    酒田まつり、福井三国祭、伊豆下田黒船祭19日~21日

5月21日は    小満、真宗本派親鸞聖人誕生会、浅草三社祭

5月24日は    神戸湊川神社楠公祭、26日まで

5月25日は    東京上野五条天神祭、東京湯島天神祭、鶴岡化けもの祭

5月27日は    小田原道了尊大祭

5月28日は    横浜善光寺身代わり不動明王祭、福岡筥崎宮さつき大祭

5月30日は    旧端午

5月31日は    世界禁煙デー   

 

   

                     浅草三社祭

 こ

                    東京湯島天神

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

 


y

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日

五月の第二日曜日昨日は母の日だったね、母に感謝をする日。アメリカの

一女性が亡母を偲んで白いカーネーションを配ったことに始まる。後に

「ウィルソン大統領」によって母の日に制定され広まった。亡母を偲ぶ者は

白い花、建在の母の場合は赤い花を胸につけたが、今は贈ることも多くな

っていて赤いカーネーションを贈れる方は羨ましいですね。私どもは白の花

カーネーションで忍ぶ母の日でした。

       

            母の日                       カーネーションのケーキ@母の日

 
  
   157


                           里想う   春日神社 鹿踊り

          母忍ぶカーネーションは白なりし

                               かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏とは

五月初めの立夏を迎えるとおのずから心が引きしまる。それからあと三か月が

夏で八月初めの立秋の前日までつづく、しかし同じ夏の間でも気候その他いろ

いろ変化があるので普通に初夏、仲夏ね晩夏と分けて言う。夏といえばすぐに

暑さが連想されるけど、初夏の間はその暑さもなくむしろ心地よき感じの日々が

続きまさに初夏である。

 

Photo 

            葉桜                                     鯉のぼり

     Photo  

 

              誇らしく秘色の風や鯉のぼり

                                     かんなくず人
        

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バードデー 「愛鳥週間」

五月十日からの一週間で鳥類保護の運動や催しが行われる。昭和二十二年

国土の復興と山野の緑化運動を目的として始まったもので、最初は四月十日

からだったが昭和二十五年から五月十日になったそうです。愛鳥週間の中で

考えたいのは開発等で外敵も増え野鳥の巣作り子育てが変化していることです。

毎年来ていた燕も今年はこなかった寂しいですね。

 

         ヒナに餌を与える親ツバメ                      今年はこなかった


    

          

                              野鳥

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します


| | コメント (0) | トラックバック (0)

五月 皐月サツキ

爽やかな日が続く新緑のまぶしい頃暦の上では夏が始まりますが木々の緑が

初々し吹く風が爽やかな日が続きます。旧歴五月は皐月と呼ばれます。雨季に

入り田植えが始まる頃なので 「早苗月」 小苗月が略されたとする説 「五月雨月」

からきているなど諸説がありますが農事と密接な早苗月が有力とされております。

   
  

           田植え準備                                  雨緑                            

     

                          つつじ

     夏めくや小池の水輪まばたきぬ

                             かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

端午の節句

端午の節句とは男の子の成長を祝い立身出世を願い 「端午」 とは月始めの

午 「ウマ」 の日という意味です。本来は五月に限りませんが古代中国では旧暦

五月が物忌 「モノイミ」 の月とされ中でも 「五日」 は五が重なることから重五と呼

ばれて邪気を祓う行事が行われてきたことによります。一方日本でわ田植前の

五月早乙女 「サオトメ」 たちが菖蒲とよもぎで葺いた屋根の下で身を清め厄を祓う

というような女性のお祭りが起源であると言われております。

    

            内のぼり                                   鯉のぼり                 

      

                            花菖蒲  

         うつむきの花もなくして花菖蒲

                                 かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します


| | コメント (0) | トラックバック (0)

五月前半行事

5月01日は    メーデー、高岡御車山祭

5月02日は    八十八夜、下関海峡祭、奈良東大寺聖武祭

5月03日は    憲法記念日、京都伏見稲荷還幸祭、博多どんたく、旧灌仏会

5月04日は    みどりの日、豊川稲荷春季大祭、七尾青柏祭、飛騨の大祭

5月05日は    こどもの日、立夏、端午、児童福祉週刊、府中くらやみ祭

5月07日は    東京下谷神社祭

5月08日は    世界赤十字デー

5月10日は    愛鳥週間、笠間稲荷御田植祭、

5月11日は    長良川鵜飼い開き

5月12日は    看護の日

5月13日は    大津三井寺千団子祭、大垣祭

5月14日は    母の日、出雲大社祭、京都松尾大社還幸祭、奈良当麻寺供養

5月15日は    沖縄本土復旧記念日、京都葵祭                

 

  
    

            子どもの日                        鯉のぼり


       

                          八十八夜   新茶

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »