« 熊谷のうちわ祭 | トップページ | 土用と鰻  丑の日 »

大暑とは

七月二十三日は大暑といいます。大暑とは二十四節季 「春夏秋冬四つの

季節を更に、二十四等分しそれぞれの名称を付けた暦の上での四季の

目安」と 二十四節季の夏は次の六つの節季で構成されています。

立夏は    「夏の始まりを告げる日」

小満は    「万物が次第に成長する頃」

芒種は    「麦や稲などの種を蒔く頃」

夏至は    「一年中で最も昼の時間の長い日」

小暑は    「梅雨が明け本格的な夏に向かう頃」

         そして最後に「大暑」がきます。

         梅雨も明け本格的な夏がやってきます。

 

                      大暑の日

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

|

« 熊谷のうちわ祭 | トップページ | 土用と鰻  丑の日 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/71128205

この記事へのトラックバック一覧です: 大暑とは:

« 熊谷のうちわ祭 | トップページ | 土用と鰻  丑の日 »