« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

残菊

重陽の日陰暦九月九日が菊の節句でそれ以後の菊を五月五日の節句を過ぎ

たあやめとならべて 「六日のあやめ、十日の菊」 という。時期を外した役立たぬ

もののたとえである。だが残菊という場合は晩秋なお咲きのこって淋しい風情の

菊を言う。色彩を失った庭や花圃に残菊を見るのはしみじみとした移ろいを思わ

せるものでもあろうと思う。

 

              丁子菊                        あやめ


            降り立ちて野菊たどれば母の里

                                                かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新蕎麦

蕎麦は普通年2回収穫し春まきを夏蕎麦、夏まきを秋蕎麦という。九月~十月

ごろになると秋蕎麦の走りが出るがその秋のまだ熟さないやや青みを帯びた

早成の蕎麦粉で打ったもので走り蕎麦、初蕎麦、新蕎麦、あら蕎麦ともいうが

蕎麦は上方より東京の好物で早々と売り出す習慣があった。生活の匂いがす

る新とか、初とか、やはり賞味の心を第一に置くべきで、新茶、新種、新豆腐

などがすべて同じである。

 

            新蕎麦                            そばの花とモンシロチョウ


                 走り蕎麦つなぎに笑い入れて打つ 

                                                    かんなくず人 

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸明け

暑さ寒さも彼岸までと古人が教えているが最近の四季が狂っていることも事実

二十六日で彼岸が明けます。本格的な秋の訪れの中で一年の収穫を感謝しな

がら翌年の豊作を祈願する秋祭が聞こえてきます。神輿振りでは有名な東京の

神田明神、富岡八幡宮、新潟の糸魚川の喧嘩祭など、各地の喧嘩祭のルーツ

とも言われております。

 1027

              神輿振り                             実りの秋

          掛け声に豊作祝う振り神輿

                                  かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋分の日とは

明日二十三日はお彼岸の中日になります。太陽の黄経が180度になるまでに

二十四気の一つ陰暦8月の中で白露の後十五日たいがい陽暦の9月22日か

3日に当たる。春分と同じく昼夜の長さが同じでそれから次第に夜が長くなり

秋の夜長がこの日を境に始まる訳である。宗教的には秋のお彼岸の中日で

もとは秋季皇霊祭という旗日であったが、今日は秋分の日と定められ国民の

祝日となっている。暑さ寒さも彼岸までと言われますが、単に彼岸といえば春

の彼岸のことで秋の彼岸は秋彼岸または後彼岸ともいわれます。

  

             夕焼け                      彼岸花.

     

               墓参すや山門過ぎて曼殊沙華

                                                 かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の全国安全運動とは

本運動は広く国民に交通安全思想の普及浸透を図り交通ルールの尊守と正しい

交通マナーの実践を週間づけるとともに国民自身による道路交通環境の改善に

向けた取り組みを推進することにより交通事故防止の徹底を図ることを目的とする。

 

          白バイ隊                            自動指導   

    

                       送迎バス

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸の入りとは

9月20日(水)は彼岸の入りの日です。彼岸の入りの日に何をすべきかきまって

いる訳でもなく、まずは彼岸の入りの日は仏壇を清めお墓の掃除をしませう。

普段忙しくてなかなかお墓詣りにも行けない場合もあります彼岸の入りにお墓

の掃除や墓石の手入れなどの機会になるのも良いと思います・

    

            墓参り                          仏壇

 

       夕暮れの墓石を染めて秋彼岸

                                     かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんじり

だんじり、もしくはだんちりとは日本の祭礼に奉納される山車「だし」に用いられ

る西日本特有の呼称。楽車、壇尻、台尻、段尻、地車とも表記されてるが主に

近畿地方、中国地方、四国地方などの西日本の祭礼で登場し曳きだんじり又

は担ぎだんじりの2種類に大別される。地方によっては大鼓台や布団太鼓など

をこう呼ぶ場合がある。

 

                    岸和田だんじり祭

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やぶさめ

流鏑馬は疾走する馬上から鏑矢を放ち的を射る弓術のひとつで、馬を馳せなが

ら矢を射ることから 「矢馳せ馬」 と呼ばれ時代が下がるにつれて 「やぶさめ」 と

呼ばれるようになったと言われる。鶴岡八幡宮の流鏑馬は 「1187年」文治3年

8月15日源頼朝が放生会の後に奉納したのが始まりとされ、八代執権北条時宗

の時代までに47回の流鏑馬が奉納された。

  

           やぶさめ神事                               やぶさめ

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人の日と敬老週間とは

暦を見ると老人の日、老人週間、敬老の日とあるが、老人の日とは広く老人の

福祉について理解を深めると共に老人に対し自らの生活向上に努める意欲を

促すことを目的にしています。平成13年の国民の祝日に閑する法律の改正に

より敬老の日は、9月15日から9月の第三月曜日に変わりました。老人の日は

老人福祉法により9月の15日と定められました。老人週間とは敬老の日をはさ

んで15日から21日までを言います。

 

             月曜は敬老の日                         敬老の日

        大橋を渡る吾が杖涼新た

                                 かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生姜 「ショウガ」市

生姜市とは東京都港区芝大神宮の祭礼にたつ 「ショウガ」 を売る市で9月11日

から21日まで賑わいます。 生姜は 「ショウガ」 科の多年草で熱帯アジア原産

各国で栽培され日本は中国を経て古くから伝えられた。世界各地で香料、薬用

食用にされてきたが日本では静岡産のものが有名である。我が家の菜園にも

生姜がありこの時期の食卓を賑わしてくれる。子供の頃熱をだすと生姜を摺っ

ておばあちゃんが頭に貼ってくれたことを思い出します。

 み

         生姜天之美禄                          しょうが焼き  

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重陽の節句 「ちょうようのせっく」

重陽の節句とは五節句のひとつで、菊の節句、栗の節句、お九日くんちとも

いわれます。重陽とは中国で古くから縁起がよいとされてきた陽数、奇数のうち

最大数の九が重なることから呼ばれたもので大変めでたい日とされてきました

平安時代には重陽の節句は正式な宮廷行事として定着しました。一方庶民の

間では秋の収穫祭と習合しお九日くんちとして祝われるようになりました。

 

            菊                      栗の秋

   

                         長崎 おくんち

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白露 「はくろ」

白露が秋の草葉に宿る頃といわれますが、九月七日が白露に当たります。

八月節の説明として 「陰気うやく重なりて露こごりて白色となれば也」 と記

されております。秋は、初秋、仲秋、晩秋に分けられますが白露は仲秋の

前半頃に訪れます。白露は「しらつゆ」の意味でこの頃は秋季も本格的に

加わり秋の野にしらつゆが下り始め季節の深まりを感じさせます。

   A0960_006017   

                               しらつゆ

     空澄し色なき風の音ぞ聴く

                               かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九月 長月

秋草ゆれて中秋の名月に心をうばわれる頃とも言われ厳しい残暑が続き台風が

到来する時期ですが秋分を過ぎるとようやく秋めき秋の夜長が始まります。旧暦

九月の異名「長月」は夜長月の語源とされております。この時期は稲の収穫期で

もあることから稲刈月とも言われ転じて長月になったとの説もあり自然を愛でる

昔の人の心が偲ばれます。

  Photo

              中秋名月                        団扇

 332


                            稲田

        みちのくや一つ色なり豊の秋

                                 かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村  

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九月前半行事 

9月01日は    二百十日、関東大震災記念日、防災の日

9月02日は    富山八尾風の盆 1日-3日 

9月03日は    、、、、、、    

9月04日は    敦賀気比神宮祭

9月05日は    旧ぼん

9月06日は    、、、、、、

9月07日は    白露 「はくろ」

9月08日は    太田呑竜開山忌

9月09日は    多賀大社九月古例祭、救急の日

9月10日は    、、、、、、

9月11日は    二百十日、東京芝大神宮しょうが市 21日まで

9月12日は    福岡宮崎宮放生会 18日まで

9月13日は    世界法の日

9月14日は    旧地蔵ぼん         

9月15日は    老人の日、老人週間、21日まで、京都石清水八幡宮祭

 

     

                             白露 しらつゆがおりる

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »