« お彼岸 | トップページ | 春の山.と山笑う »

初花と姥彼岸

その春に初めて咲く桜の花のことである。彼岸桜は早く咲くがその土地土地に

よって必ずしも品種を限定して言う必要はないといわれますが、桜では彼岸桜

が最も早く彼岸の頃に花が咲く本州の中部より西に多い。高さは5m内外花は

小さく一重咲きの淡紅色で品種に江戸彼岸があり俗に彼岸桜と同名で呼ばれ

ている。姥彼岸、東彼岸、立彼岸とも言われ花期は三月下旬で本来の彼岸桜

より遅い姥彼岸の名はまだ葉のないときに開くので歯のないにかけて姥の名

がつけられたと言われるある。

 

                      桜                          

               

                                      彼岸桜 

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します



|

« お彼岸 | トップページ | 春の山.と山笑う »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/73065853

この記事へのトラックバック一覧です: 初花と姥彼岸:

« お彼岸 | トップページ | 春の山.と山笑う »