« ひな祭り | トップページ | 春大根 »

啓蟄 「ケイチツ」

三月六日は啓蟄冬を越した虫たちが這い出てくる頃といわれます。「蟄」 は虫が

土の中にこもること、「啓」 は登を開くという意味で、寒さも和らぎ虫たちが地上に

這い出してくる暖かい気候を表しています。北国では福寿草が咲き東京近郊など

にモンシロチョウが舞うのもこの頃です。またこの時期に鳴る 「雷 」を初雷といい

春の季語にもなっており、啓蟄の頃なので 「蟄雷」 チツライともいわれています。

 

         もんしろちょう                              テントウムシ


Photo


                              かえる

 

                       

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

|

« ひな祭り | トップページ | 春大根 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/73013459

この記事へのトラックバック一覧です: 啓蟄 「ケイチツ」:

« ひな祭り | トップページ | 春大根 »