« 3月後半行事 | トップページ | 初花と姥彼岸 »

お彼岸

三月十八日はお彼岸の入りです。彼岸とは悟りを開いた 涅槃 「ネハン」 の境地

と言われ、春分の日を中日として前後三日合わせて七日間を 「彼岸」 といい

最初の日を 「彼岸の入り」 最終日を 「彼岸明け 」 とよびます。暑さ寒さも彼岸

までとたとえどおり厳しい寒さも緩み一年の中でも過ごしやすい頃となります。

彼岸はサンスクリット語の波羅蜜多 「ハラミタ」 の訳で生死を超越できない人間界

比岸 に対しそれを解脱して悟りを開いた 涅槃 「ネハン」 の境地のことを言います。

お彼岸に墓参りするのは、太陽が真東から上って真西に沈むので落日を通して

西方の極楽浄土と交わることが出来ると考えられているからです。

 

                         彼岸花

              

                                       彼岸梅

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

|

« 3月後半行事 | トップページ | 初花と姥彼岸 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/73066404

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸:

« 3月後半行事 | トップページ | 初花と姥彼岸 »