« 菜種梅雨 | トップページ | 花水木 »

辛夷 「コブシ」 の花

山地に自生するモクレン科の落葉高木日本の特産で庭園などにも植えられる

高さは普通5~10メートルだが山地には20メートルにも及ぶものがみられる

三~四月ごろ葉の出ないうちに白い香りのある六弁の花を枝先ごとにかかげ

その様は壮観である。それよりもやや小さい蕾のかたちが赤子の拳に似る

ところからその名があると言われまた筆の穂のように苞がふくらむところから

木筆 「コブシ」 の名をあてている。

                        辛夷(コブシ)

               

                                 庭の 辛夷(コブシ)

                  窓開けてこぶしの見へる旅の宿

                                                        かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

|

« 菜種梅雨 | トップページ | 花水木 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/73231365

この記事へのトラックバック一覧です: 辛夷 「コブシ」 の花:

« 菜種梅雨 | トップページ | 花水木 »