« 石楠花 「シャクナゲ」 | トップページ | 七月前半行事 »

夏越の祓 「ナゴシノハラエ」

半年の節目に 「穢れ」 を祓うという六月三十日と大晦日は新たな時期を迎える

「物忌みの日」 とされ身の不浄を祓い禊を行う 「大祓い」 という行事が行われ

てきました。年二回の大祓いのうち大晦日は 「年越しの祓い」 に対して六月は

「夏越の祓い 」とよびます。旧暦ではこの日から秋を迎えることになります。神社

中心に行われる 「茅の輪」 行事は 「夏越の祓い」 を代表する習わしです。

「なごし」は邪心を鎮める 「和し」 という意味を込めてつけられたと言われます。

                   茅の輪くぐり

           

        

                     ご利益あるかなぁ?

       健やかと茅の輪くぐりし宮参り

                                かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

 

|

« 石楠花 「シャクナゲ」 | トップページ | 七月前半行事 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/73733608

この記事へのトラックバック一覧です: 夏越の祓 「ナゴシノハラエ」:

« 石楠花 「シャクナゲ」 | トップページ | 七月前半行事 »