« 六月水無月前半行事 | トップページ | 芒種 「ボウシュ」 とは »

六月 水無月 「ミナヅキ」とは

絹糸のような雨が降り紫陽花が色鮮やかになる頃新暦六月は梅雨の時期ですが

旧暦では梅雨が明け暑さで水が涸れる月ということで「水無月」と呼ばれています。

これは田植仕事が終わったという意味での「皆仕尽」ミナシヅキあるいは田んぼに水

を張られている状態「みず月」が変化したものともいわれております。また旧六月

は「風待月」盛夏になると風が止むことから「鳴神月」梅雨明けを告げる雷が鳴る

月「常夏月」 「蝉羽月」などと言いますがいずれも梅雨明けの盛夏の様子が伝わ

ってくる語感があります。

  

                               紫陽花

 


                            田んぼ


                   雲低く濡れて艶増す七変化

                                             かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

 

|

« 六月水無月前半行事 | トップページ | 芒種 「ボウシュ」 とは »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/73548998

この記事へのトラックバック一覧です: 六月 水無月 「ミナヅキ」とは:

« 六月水無月前半行事 | トップページ | 芒種 「ボウシュ」 とは »