« 六月 水無月 「ミナヅキ」とは | トップページ | 郭公 「カツコウ」 »

芒種 「ボウシュ」 とは

ホタルが飛び交い梅の実が色づく頃とも言われ二十四節気の一つの中で暦では

六月六日が芒種となっています、また夏至までの十五日間を言います。「芒種」の

芒「ノギ」とは稲や麦などの穂先にある硬い毛のことで、文字通りその種を蒔く時期

という意味です。しかし実際には稲の種まきはこの時期よりも早い時期から行われ

ています。一般には田植を始める頃とされています。かっての田植は稲の豊作を

祈って田の神を祀り神事として行われていましたが、現代は機械化に伴い田植の

内容が大きく変わっております。

    

             ホタル                             実梅 


  

                    葉隠れの実梅

 

             はにかみて葉裏の実梅紅ほのか

                              かんなくず人

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します                                           

|

« 六月 水無月 「ミナヅキ」とは | トップページ | 郭公 「カツコウ」 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/73553515

この記事へのトラックバック一覧です: 芒種 「ボウシュ」 とは:

« 六月 水無月 「ミナヅキ」とは | トップページ | 郭公 「カツコウ」 »