« 浴衣 | トップページ | てんじんさん 大阪天満宮 »

大暑 「タイショ」 とは

七月二十三日は大暑、夏真っ盛りの暑さもっとも厳しい頃で二十四節気の一つ

で旧暦では六月中旬頃新暦では七月二十三日頃にあたります。

梅雨明けて暑さのピークに達し一年の最高気温を記録する日々がつづきます。

蝉の大合唱.が響き.わたり空には入道雲が見られはげしい雷雨が訪れるのも

この頃です。現在は冷房が普及しているが昔の人は目で見る涼しさのすだれ 

打ち水、そば枕、風鈴、ガラスの食器などでも大暑をしのいでいた。

 

        大暑だそうで。                                  風鈴とすだれ 

                               天雷破)

          風鈴や去年の位置の古釘に 

                           かんなくず人   

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

|

« 浴衣 | トップページ | てんじんさん 大阪天満宮 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/73878764

この記事へのトラックバック一覧です: 大暑 「タイショ」 とは:

« 浴衣 | トップページ | てんじんさん 大阪天満宮 »