« ねぶた祭、眠り流しとは | トップページ | 夏の雲 »

立秋とは

八月七日明日は立秋です。秋の蝉ひぐらしが鳴き始める頃、立秋とは立春立夏と

同様に 「秋の立つ」 の意で、暦の上では秋の季節が始まります。「暑さ寒さも彼岸

まで」 というように実際には残暑で厳しい夏真っ盛りの感がある。八月では一年中

でもっとも暑いとされる時期の土用明けこの日を境に気温が下がっていくともいわ

れます。立秋を過ぎる頃になると夏の蝉が減り始め、代わって秋の蝉が鳴くように

なります。なかでも夕刻ひぐらしが、カナカナと涼しげに鳴く声は {夏の終」 を感じ

させます。立秋を過ぎると暑中見舞いも残暑見舞いに代わってきます。

   
              ひぐらし                          空蝉

  
                            立秋

      秋たつやするどき緑やや薄れ

                                  かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

|

« ねぶた祭、眠り流しとは | トップページ | 夏の雲 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/73923710

この記事へのトラックバック一覧です: 立秋とは:

« ねぶた祭、眠り流しとは | トップページ | 夏の雲 »