« 八月前半行事 | トップページ | 立秋とは »

ねぶた祭、眠り流しとは

青森市の 「ねぶた祭」 は八月二日から七日まで行われます。

弘前の 「ねぶた祭」 は一日から七日 「ねぶた」 の灯籠は坂上田村麻呂が蝦夷

征伐の際敵をおびき寄せるために大きな灯籠を作ったことに由来すると言われ

ます。武者人形などを形どった人形ねぶたや、金魚ねぶた、扇ねぶたなどもあり

意匠もさまざまです。ねぶた祭の期間中は夕刻になねと灯をともし笛太鼓と共に

ハネットと呼ばれる人たちが 「ラッセラー」 という掛け声.を上げながら先導し町中

を練り廻ります。秋田の竿燈祭や能代のねぶた流しも同様の行事といわれます。

  

             ねぶた                                  御霊祭   

  

                             秋田干燈  

 

     大ねぶたはねとの鈴の高まれり

                                  かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

|

« 八月前半行事 | トップページ | 立秋とは »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235652/73923625

この記事へのトラックバック一覧です: ねぶた祭、眠り流しとは:

« 八月前半行事 | トップページ | 立秋とは »