« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

秋の味覚の葡萄

秋の日の中で一茎に三、四十から百粒あまりの赤紫色半透明の美しい実が

みごとな房となって下垂れして熟れる。栽培されて緑、淡紫、濃紫など種類も

多く、口に入れると甘く酸ゆく甘美な香りがする。産地としては 甲州が名高く

甲州葡萄として知られている。我が家の庭にも家内が米の研ぎ水をせっせと

上げ丹精してきた葡萄がある。今ベールの袋をぬいで秋の日を浴びています

いつ食べさせてくれるのか毎日葡萄を見ながら楽しんでいます。

 

          葡萄紅伊豆                              ピオーネ   .


                         葡萄狩

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒地野菊

荒地野菊にもいろいろな呼び名があり荒地菊、野塘菊 「アレノチノキク」 いぬじおう菊

南あめりかの減産の雑草でキク科一年草または二年草で明治時代に渡米し角地

の荒野、路傍に急速にはびこった帰化植物。雑草持ち前の強さがあり歩道等の割

れ目見たいな所にでも生え育つのである。高さは約30㎝位に伸び白緑色の花で

直径1㎝ほどの頭状花であり主として海に近い地方の路傍などに多くはびこる。

     花        

                                           

                                  アレノチノキク

          競い咲く白菊黄菊風の色

                                     かんなくず人

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜降 「ソウコウ」

十月二十三日今日は霜降と言って秋が終わり初霜が下りる頃といわれます。

秋の季節の節気となります。この頃になると木々も葉を落とし秋のもの寂しさが

漂います。また冷たい風が吹き始め寒さも増して霜が降り冬が間近に感じられ

るようになります。暖房器具の乏しかった昔は、この頃冬支度に入り雑務に追

われました。現在ではこうした光景は見られなくなりましたが、動物の世界では

冬支度に忙しく冬ごもりを始めたり、夏.鳥は暖かいところへ旅立っていきます。

  

               冬到来 間近                               霜降 

 

        霜降や雑木しらじら朝日受け

                                 かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土用と えびす講

今日二十日は冬の土用入りです。夏だけかと思ったら冬も土用があるんですね。

それぞれの季節の万物を土用が変じ替える作用をしていることを意味していると

言われております。又今日はえびす講でもあります。商家などが、商売繁盛を願

って福徳の神である恵比寿様を祀る行事です。えびす講は 「神無月」 と言われ

旧歴の十月には日本中の神様が出雲大社に出向き恵比寿様だけが留守を守る

とされているため置いてきぼりにされて気の毒な恵比寿様を慰めようということか

ら始まったといわれてます。

  

             恵比寿様                            大黒様

     福の神恵比寿大黒豊の秋

                               かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

べったら市 とは

東京の日本橋では十月十九日~二十日にかけて 「べったら市」 がひらかれます。

大痕の 「べったら漬け」 を大伝馬町から小伝馬町をつなぐ通りで売る.一でかって

は、えびす講に用いる品物や道具を得るための市でした。ここで売られるようにな

つた浅漬け大根 「べったら漬け」 が評判を呼ぶようになったことから、いつしか

「べったら市」 といわれるようになりました。

 

            べったら漬け                                 べったら市

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   



| | コメント (0) | トラックバック (0)

とろろ汁と麦飯

山地に自生する自然薯、山の芋畑作りのつくね芋、長芋、大和芋などを卸し

金で卸し、更に摺鉢で摺ったものがとろろでそれに煮出し汁を加えたものが

とろろ汁である。栄養価が高く 「脾腎のくすり気虚を補うふ」 とあり古来山薬

と呼んだ。食の進むことでも知られ青海苔をかけたり麦飯とよく合い麦飯に

かけて食べるのがむぎとろである。

 

          麦とろバイキング                        山芋の磯辺揚げ

    山茶屋や日暮れを急ぐとろろ飯

                                 かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月後半行事

10月16日    愛媛新居浜太鼓祭

10月17日    旧重陽、貯蓄の日、伊勢神宮新嘗祭、日光東照宮秋祭、

10月18日    統計の日、東京靖国神社秋祭、東京浅草観音菊供養、

10月19日    東京日本橋べったら市、京都建勲神社舟岡祭、

10月20日    土用、皇后誕生日、えびす講、釜石曳舟祭、誓文払い、

10月21日    十三夜、宇都宮二荒山神社例祭、

10月22日    京都平安神宮時代祭、京都鞍馬の火まつり、

10月23日    霜降、電信電話記念日、

10月24.日    国連の日 

10月25.日    伊賀上野天神祭、 

10月26.日    原子力の日、宮崎神宮例祭、天理教本部秋季大祭、

10月27.日    読書週間、11月9日まで

10月28.日    速記記念日

10月29.日    福岡香推宮秋季例祭、

10月30.日    、、、、、

10月31.日    世界勤倹デー          

 

                         靖国神社秋季例祭

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新蕎麦

9月~10月になると秋蕎麦の走りが出るその秋のまだ熟さないやや青みを

帯びた早世の蕎麦粉で打ったもので走り蕎麦、初蕎麦、新蕎麦ともいう。

蕎麦は上方よりも東京人の好物で秋の蕎麦も初物を賞翫して早々と売り出

す習慣があったのだ。走り蕎麦と書いた暖簾の張り紙食欲をそそりますね。

 

                            新蕎麦

                           蕎麦畑

    新蕎麦の待つ間の席や小盃

                             かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の青蜜柑

    Photo

                         青蜜柑


まだ蜜柑が熟さず青々と樹になっているさまは秋の風情がある。 丁度我が家

の庭の青蜜柑も今最盛で庭の秋を飾ってくれる。苗木で買って植えてから30年

毎年楽しませてくれる。小ぶりだが実に甘い家内が毎日お米の研ぎ汁を上げて

いるみたい。熟して食べごろになるとご近所に配り喜んで頂いております。

青蜜柑を鑑賞し青から黄色に変わる蜜柑がまちどうしく、30年前の苗木を思い

出す我が家の庭の秋です。

   282

                    庭に蜜柑があります

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋気 とは

秋になると空気が澄み清楚の感を覚える。残暑の頃の濁った空気と入れ

替わり湿気の少ないカラット爽やかな空気が天地を洗い清めるような感じ

人間の気持ちも覚醒してあたらしくなる。そこには最も秋季の感覚が新鮮

に冴えてくる秋がある。

  
  

                             .秋の渓谷

    岩肌を濡らし落ち合う秋の水

                             かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒露 とは

十月8日は寒露に当たります。寒露とは野草の露が寒さで霜に変わる頃といい

ます。また台風による長雨が明け秋晴れの日が続くようになります。

野山は晩秋の色彩を濃くし冬鳥も渡ってきて朝晩に寒さをかんじ始めます。

秋の澄み渡った空気は虫の声、風にそよぐ笹の葉の音落ち葉を踏む音紅葉の

鮮やかなど見るもの聞くものをはっきりと感じさせる季ではないでせうか。また

この日は体育の日と、「阿寒まりも祭」 の日でもあります。

  

              運動会                             まりも

 
                               寒露 

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十月 神無月「カミナヅキ」

神無月とは樹木の葉が錦に染まり秋の深まりを感じる頃と言われます。

旧暦の十月は男女の縁結びについて相談するために諸国の神々が、出雲社

に集まり国元は留守になるので 「神無月」 と言われます。ただし出雲地方で

は 「神在月」 と呼ばれます。また伊勢神宮で行われる皇室の例大祭、新嘗祭

の月なので 「神嘗月」 また 「神祭月」 とも呼ばれております。

 

            出雲大社                                秋                                                 
  

 

    秋天の狛犬阿吽神の留守

                          かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋澄む

秋の澄んだ大気を言う。秋の空は澄んでいて遠くの山もよく見える空気が

澄んでいるからもの見ははっきり見え月や星もよく見える。また木の葉の

そよぎ、虫の声なども澄みあらゆるものがはっきり聞こえる。

よくまた秋高し、天高しなどの言葉を聞くが秋の大気の清澄さにこのよう

な言葉が生まれているのかも知れない。

 
                                                                               

             コスモス                              秋の空

   コスモスや風も呼ばずにささやきぬ

                                かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十月前半行事 神無月「カミナヅキ」

10月01日    北海道一般鳥獣狩猟解禁、労働衛生週間、法の日、都民の日

10月02日    京都北野天満宮端饋祭、1~5日まで

10月03日    、、、、、

10月04日    里親デー、

10月05日    福島二本松提灯祭.、達磨忌

10月06日    、、、、、

10月07日    大津天孫神社祭、長崎くんち、9日迄

10月08日    「寒露」 体育の日、寒露、阿寒まりも祭、

10月09日    世界郵便デー、国際文通週間、久留米高良大社例祭

10月10日    目の愛護デー、香川金毘羅宮祭、川崎身代り不動尊認知症除け

10月11日    神戸海神社祭、東京池上本願寺御会式

10月12日    横浜総持寺御征忌会、芭蕉忌、

10月13日    和歌山竈山神社祭、日蓮上人忌、嵐雪忌、

10月14日    鉄道の日、

10月15日    新宮熊野速玉大社祭、天理石上神宮祭、姫路喧嘩祭、

     

                     寒露とは   露が寒さで霜に変わる頃  

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します
                   

 

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »