« 二十日正月とは | トップページ | 冬の川 »

2019年1月21日 (月)

左義長とは

左義長とは正月飾りを火で焚く小正月の行事です。左義長の由来は平安時代

までさかのぼり、宮中の清涼殿の東庭で行われていました。青竹を束ねて立て

て毬杖いいう毬を打つ長柄の槌三本を結びその上に扇や短冊を置き隠陽師が

謡いはやしがらそれを焼くもので悪魔を祓う儀式です。それがしだいに民間に

広がっていきました。今では氏神様の境内などで立ち上がる火の中に正月に

飾った注連飾りや門松などを燃やします。地域によってはどんど焼きといって

おります。

     

                          宮内どんど焼き

    

                       どんど焼きなう

        どんどの.子帰る夜道の冬の月                                       

                                    かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

|

« 二十日正月とは | トップページ | 冬の川 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左義長とは:

« 二十日正月とは | トップページ | 冬の川 »