« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月29日 (水)

下り藤

今日4月29日は、水曜日、昭和の日、米沢上杉まつり、、御嶽山

大敬火渡り祭、京都任生狂言、、花                    仏滅、

明日4月30日は、木曜日、旧灌仏会、佐賀有田陶器祭、  大安 

Photo_20200418133201

                  夜の下り藤

Photo_20200418134001

                   藤の花

山野に自生しまた観賞用として藤棚を作って栽培される蔓性の

落葉木で老木になると十数メートルの高さまで登るものもある

葉は萩に似た羽状複葉で晩春の日差しの中に四弁薄紫の蝶型の

花を総状複葉で垂れて開く。優艶な花房の長さは晩春をかざる

にふさはしく数㎝から①メーターぐらいに近いものもある。

  

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

雪柳

今日4月27日は、月曜日、和歌山道成寺会式、一粒万倍日、   友引、

明日4月28日は、火曜日、日蓮宗開宗会、奥州日高火防、  先負                      

Photo_20200418115801

                     風待つ雪柳

高さ1.~2メートルの落葉低木で溪谷の岩上などに野生する。観賞用

葉は柳に似て白色の小さい花が雪の降りかかるように枝に群れて咲く

ところから雪柳と呼ばれる。花の形はこめつぶのような細かい所から

小米花の別称もある。小米桜とよばれるのもその花が細かい五弁花で

あることによる。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (2)

2020年4月25日 (土)

満天星の花

今日4月25日は、土曜日、奈良興福寺文殊会、               赤口

明日4月26日は、日曜日、京都松尾大社神幸会、      先勝

Photo_20200418101101

                                         満天星の花

Photo_20200418101201

                                             満天星つつじ

山地に自生するが主に観賞用として庭園や生垣に植えられる。円く

刈り込まれた形は特に美しい。四月ごろ新葉と共に壺状の可憐な白

い小花を垂らして咲く細い枝が多く新芽の立ち並んで伸びたさまは

清新でまた秋の紅葉鮮やかである。

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

落花

今日4月23日は、木曜日、                        仏滅、

明日4月24日は、金曜日、               大安、 

Photo_20200328093001

                                     落花

Photo_20200328093101

               花筏

 

落花とは散る桜、花吹雪、桜吹雪、飛花、花屑、花の塵、花筏、などの

呼び名があるが桜の花は散りぎわが美しい。南寄りの季節風の吹くこ

とが多く咲き誇った花も一陣の風にいさぎよく散るむかしながらなが

らの桜は散りぎわょ賞美されることが多かった。従って落花のさまを

さまざまに表現名が多い。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

花水木

    

今日4月21日、火曜日、                         先勝、

明日4月22日、水曜日、多賀大社古例大祭、靖国神社春祭、友引、

         1_20200413134601         

                                   街路樹の花水木

Photo_20200413134701

                      花水木

北アメリカ原産の落葉高木で高さ5メートル~10メートル明治45年

当時の東京市長尾崎幸雄が、アメリカへさくらを寄贈した返礼とし

て送られてきたという来暦を持つ。四、五月頃葉と共にまたは葉に

先立って枝先に、白色の花弁状をした四個の大きな総苞を開きその

中心に緑黄色の小花が集まっているよく街路樹に見る花である。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

沈丁花

今日4月19日は、日曜日、穀雨、京都伏見稲荷神幸祭、         大安

明日4月20日は、郵政記念日、郵便週刊,          赤口 

1_20200418085101

                        沈丁花

Photo_20200418085201

                         散る沈丁花

高さ1.2メートルぐらい半球状に育つ、三月~四月紫紅色の花が

かたまって咲き、香り高い小形の白い花は四裂し外側が紅紫色で

ある。夜気の中で匂うのはことに印象的でもありその香が沈架や

丁字に似ていると言われその名がある。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

蜜蜂

今日4月17日は、金曜日、不正就日、                      先負、

明日4月18日は、土曜日、発明の日、天理教教祖誕生日、   仏滅、 

Photo_20200410125401

                       蜜蜂

Photo_20200410125501

                      働き蜂

蜂は剣をもった勇士の感じを与えるが又乙女の言葉にすがると腰の細い

美しい乙女のことをいつた。六足四羽ではっきり頭、胸、腹、が分かれて

腰が著しくくびれている。蜂の種類は極めて多く生活や習慣も甚だ多様

である。一群の巣には一匹の女王蜂と少数の雄蜂、極めて多数の働き蜂

など数万匹いて整然とした社会生活を営んでいる。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

揚雲雀

今日4月15日は、水曜日、高山山王祭、一粒万倍日、  先勝、

明日4月16日は、木曜日、春の土用の入り、      友引、

Photo_20200407143001

                    雲雀

Photo_20200407143101

                   雲雀の巣

春の野にもっとも親しまれている小鳥、空高く雲表に舞い上がって

ピーチュル ピーチュル、 と朗らかに囀り、しぱらく囀った後歌をやめて

一直線に落下する。揚げ雲雀または落雲雀ともいう。この鳥の習性

上巣の先数十歩先におりて草間を潜行し、巣にたっし舞い上がるが

巣を発見することは困難である。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

初蝶

今日4月13日は、月曜日、科学技術週間、京都嵯峨虚空蔵十三参り、大安

明日4月14日は、火曜日、                赤口 

 

1_20200410114501

                      初蝶

Photo_20200410114601

                      紋白蝶

昆虫でもっとも美しいと言われる白黄、黒青、赤などの美しい色彩と

煩悶は羽根の表面のはげやすい鱗片によっている。はつちょうの出る

のは三月中で粉蝶の仲間の黄蝶、紋白蝶、紋黄蝶、などが早い種類で

ある大形のものは揚羽蝶で早くも四月出る.

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

老鶯

今日4月11日は、土曜日、メートル法公布記念日、             先負

明日4月12日は、日曜日、世界宇宙飛行の日,大津日吉大社山王祭、

京都松尾大社中酉大祭、京都今宮神社やすらい祭、     仏滅 

Photo_20200407125301

                                        鶯

Photo_20200407134001

                                  老鶯山に入る 

日本人にもつとも親しまれている鳴禽で羽色は地味で大体は緑かかった

攪欄褐色のいわゆる鶯色である。古来梅に鶯といって春のさきがけとさ

れる。鶯の初音は二月ごろ清亮にして円骨な美声で囀る。囀りの整って

くるのは三月ころで鳴くときは尾を揺らす。子育てに四月ころには山に

帰る老鶯とは老いではない。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

春の日

今日4月9日は、 木曜日、笠間稲荷春季大祭、長浜曳山祭、   先勝

明日4月10日は、 金曜日、京都平野神社桜祭、          友引

Photo_20200328104001

                                              初花

1_20200328104201

                         春の日

 

春の日、春日、春陽、春日影、春日向、春の朝日、春の夕日、春の入日、
春の太陽をもいい春の一日を言う。太陽が出てから没するまでを一日と
言うようになり日の出ている明るい昼間を日とよぶようになったからだ
春の日の形容としてうららか、のどかがあるが同じ意味合いを持ちなが
ら前者は主として陽光に後者は主として一日の形容に言う。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

八重桜

今日4月7日は、火曜日、世界保健デー,法然上人誕生会、     大安

明日4月8日は、水曜日 、花まつり、灌仏会、            赤口

 

Photo_20200328112101

                                           八重の一枝

1_20200328112301

                        八重桜

 

八重桜もとはやまざくらから変化したものである花は大きく八重優艶な
やもむきがある。桜の中では開花が最も遅い八重の花びらには雄しべの
変化したものでふつう実はならない、花は塩漬けとにして桜湯に用いる
八重桜ひとつに奈良の八重桜があり現在奈良の郷土の花となっている。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

山桜

今日4月5日は、日曜日、香取神宮御田植祭、                先負

明日4月6日は、月曜日、春の全国交通安全運動、      仏滅 

1_20200328090701

                                          満開の山桜

Photo_20200328090801

                          山桜

 

山桜とは桜の中の一つの品種で、単に山にあるもろもろの桜ではない。

関東から西の山地に多く自生し四月中旬赤味かかった若葉と同時に花

が咲く花は一重で紅を帯びている。吉野山の山桜が最も有名であるが

吉野山が桜の名所となった。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

清明

今日4月3日は、 金曜日、隠元禅師忌、       先勝

明日4月4日は、土曜日、清明、奈良滝田大社祭、岐阜伊奈波祭

           神道修正派大祭           友引 

                2_20200403083701

                                   清明の期                

1_20200328101201  

               木々の目覚めかな

 

清明とはに二十四で節気の一つで陰暦三月の節で春分から十五日目

すなわち四月五日ころに当たる。清浄明潔の略ともいわれ東南風の

吹く春の好い季節という意味である。中国では清明には墓参をする

行事がおこなわれ七月十五日の中元節と並ぶ大切な行事である。

我が国でもこのころは花の季節でものみな生き生きとする頃である。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »