« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

山百合の花

 今日7月31日は、金曜日、京都愛宕千日参り、芦ノ湖湖水祭、

        宇佐神宮夏越し大祭、堺大魚夜市、    仏滅、 

              

                                         山百合

Photo_20200719141901

                                      百合匂う

百合、鉄砲百合、鬼百合、姫百合、鹿の子、山百合、笹百合、白百合、

カサブランカ「植物」、ユリ科の多年草の花で極めて種類が多く白の

強いものが多いが、観賞用に植え込まれるもののほか切り花としては

鉄砲百合、カサブランカなどに人気がある。いづれも匂いが強い。

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

水連の花

今日7月29日は、水曜日、一粒万倍日、            友引、

明日7月30日は、木曜日、大阪住吉祭、8月一日まで、   先負、 

       2_20200725102801

                        水蓮       

Photo_20200725102901

                      水蓮の花

水連、睡蓮「スイレン」とも言う、スイレン科の多年草池や沼に自生する

が、栽培もされる。七月~八月頃直径数センチの白い花を水面に浮

かせて開く。羊「ヒツジ」の刻午後二時ごろ開花すろので別称ヒツジ草

と云い花が夜閉じるので睡蓮ともいう。

 

                            

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

   

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

栗の花

今日7月27日は、月曜日、神奈川大山阿夫利神社夏季大祭、 赤口、

明日7月28日は、                             先勝             

Photo_20200725094701

                    栗の花

Photo_20200725094601

                     栗の実

ブナ科の落葉高木で高さ十メートルを超えるが、.果実として栽培

されるものは普通三メートル~五メートル、花と実が特徴がある

のでその季節には誰にも判断がつく初夏の頃、長さ10センチから

15センチの毛虫に似た白い花穂を垂らし、青臭い匂をぷんぷんと

漂わせる。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

 

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

青梅

今日7月25日は、土曜日、大阪天神祭、和歌山粉河祭、26日まで、    仏滅、

明日7月26日は、日曜日、相馬野馬追い大祭、延期のようです、      大安、

Photo_20200614100401

                          青梅

1_20200614100801

                           実梅

梅干しとは塩漬けに梅の実を干すこと。梅干しを作るための作業で

ある。梅干しは保存食として重宝される。おいしい梅干しは第一に

実梅次第だが「三日三晩の土用干し」と云われ茣蓙 「ゴザ」 や簾

「スダレ」 に広げて干す。星梅の香りがあたりに漂う。

 

           茣蓙の梅天日と皺の根くらべ 

                                かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

大暑

今日7月23日は、木曜日、海の日、字和島和霊祭、塩釜みなと祭、        友引、

明日7月24日は、金曜日、スポーツの日、地蔵ぼん、大田原太田山地蔵夏大、先負、

    Photo_20200714124101

                                   大暑

Photo_20200714130601

                                      ビル街 

二十四気の一つで小暑のあと十五日目おおむね七月に十三日頃

当たる。この十五日間が名実ともに夏の絶頂期、言葉の上から

言っても、威圧するような自然相を思わせるものであろう。積乱雲

がにわかに発達して時には豪快な雷雨を呼ぶ、都市田園をとわず

水不足になる季でもある。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

土用丑の日の鰻

今日7月21日は、火曜日、土用の丑の日、             赤口、

明日7月22日は、大暑、熊谷うちわ祭、敦賀氣比神宮総参祭、先勝、

Photo_20200714110501

                                        特上うな重

Photo_20200714110701

                   土用鰻焼く

夏の土用の丑の日に鰻をたべると夏負けをしないという風習を

言いこの日はうなぎ屋の繁盛する。昔から鰻は夏負けの薬とさ

れていたが、土用の丑の日に食べるという風習は比較的新しく

平賀源内がうなぎ屋から宣伝を頼まれて始まったと言われる。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

土用の入り

今日7月19日は、日曜日、土用の入り、京都松尾大社御田祭、 先負、

明日7月20日は、九星陰遁始め、山口祇園祭、27日まで、    仏滅、

2_20200712125401

                        菜園

12

                      土用の入り

土用は本来春夏秋冬の四季にあるわけであるが、いまは専ら盛夏

の土用を通用しているいるようである。すなわち小暑後十三日から

立秋まで土用入りの日を土用太郎二日目を次郎、ついで三郎、

と称する、土用という語感には大自然のどっしりした重みを感じ

させらせるものであるる。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

冷し素麺 「ソーメン」

今日7月17日は、金曜日、京都八坂神社祇園祭、小倉祇園太鼓、 先勝、

明日7月18日は、土曜日、勤労青少年の日、              友引、

Photo_20200712095101

                         小桶の冷し素麺

Photo_20200712095501

                           冷し素麺

そうめんは素麺の音便である。小麦粉を食塩水でこねこれを引き延ば

して線状に切って乾燥したもの、これを茹 「ユ」で洗い冷水または水で

冷やしたものが冷素麺である。紫蘇、七味、葱、等の薬味を入れて冷

たい煮だし汁で食べる。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月15日 (水)

盂蘭盆会

今日7月15日は、水曜日、ぼん、山形出羽三山花祭、        大安、

明日7月16日は、木曜日、ぼん送り火、やぶ入り、国土交通デー、赤口、   

       3_20200708121501 

                   友達と盆踊

5_20200708121601

                     盆踊り

7月13日の夕刻から15日または16日までの魂祭である。正月に比べて

送り迎えの期間があわただしいが、一日に盆が始まると考える地方は

諸所にあり京坂では7日を盆の始まりと考えている。

 

            盆太鼓音に誘われ輪の中に

                                   かんなくず人

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

 迎え火

今日7月13日は、月曜日、盆迎え火、東京靖国神社みたま祭、  先負、

明日7月14日は、熊野那智大社扇祭、一粒万倍日、        仏滅、

Photo_20200708104601

                     盂蘭盆

Photo_20200708113801

                      門火

7月13日は盂蘭盆会に入る、夕方先祖の精霊を家にお迎えするため

門前や戸口で焚く火を言う。多くは苧殻を焚くので苧殻火とも言うが、

地方によっては藁、麦稿、豆殻、などを用いるが、あかあかと迎え火

を焚くのはゆかしく叉墓場で焚く地方もある。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

鬼灯市 「ホオズキ」

今日7月9日は、木曜日、東京浅草観音ほおずき市、鴎外忌、   大安、

明日7月10日は、東京浅草観音四万六千日、佐原の大祭、     赤口

  Photo_20200705105902

                                      鬼灯市

Photo_20200705112501

                       鬼灯

普通観賞のために庭に植えられたりする。ナス科の多年草で漢名は

酸奨、地下茎により殖える。地上茎は直立して伸び高さは、70センチ

位六月ころ葉腋に淡黄白色の花を下向きに開く、なお七月に行われ

浅草観音境内の鬼灯市は、江戸情緒を浮かび上がらせる。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

小暑、七夕、朝顔市、

今日7月7日は、火曜日、小暑、七夕、成田不動尊祇園会、  先負、

明日7月8日は、水曜日、八せん始め、               仏滅、

1_20200703083401

                    仙台七夕、

Photo_20200703084401

                    七夕祭

七夕は七日の夜と考えられておるが、元来は六日の夜から翌朝に

かけての行事である。七夕は夏と秋との交叉の祭りとされ「たな」と

は元来階上につくりだしたかけづくりであり、この棚に上がって機織

娘が機織りの女である。神女であり牽牛、織女を二星と言う。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

青簾、朝顔

            Photo_20200705140001 

                     朝顔            

Photo_20200705135601

                        青簾

1_20200705135601        

          .            窓の簾

青竹を細かく割って作った美しい簾「スダレ」が多い。軒や縁先に掛けて

夏日を防いだり、開け放った部屋の見通しを遮るのに用いる。玉簾は、

簾の美称で、その他葭「ヨシ」を編んで作った葭簾や、凉しげな絵などを

あしらった絵簾もある。 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

白玉粉

今日7月5日は、日曜日、栄西禅師忌、           先勝、

明日7月6日は、月曜日、東京入谷朝顔市、8日まで、  友引、

1_20200702091101

                   ビール一杯

Photo_20200702091001

                    お汁粉

糯米粉を寒晒しに製した白玉粉を水で練り丸めて小さい球として

茹でて作った団子。水や氷で冷やしふわふわしている白玉を掬い

上げ白砂糖をかけて食べる。なつの暑い盛り見た目もにも涼しく

その淡味は風趣があり夏の風物詩となっている。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

夏野

今日7月3日は、金曜日、不成就日、        大安、

明日7月4日は、米国独立記念日          赤口、

1_20200629090101

                      夏野

1_20200629090401

                    夏野に咲く

草生い茂り緑も深く日光の直射がきびしくなり草いきれ

たつ夏の野原である。卯月野は新緑のころ、五月野は

梅雨の頃の野である。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

半夏生

今日7月1日は、水曜日、半夏生、全国安全週間、国民安全の日、

社会を明るくする運動、ふと富士山山開き、銀行の日、        先負、

明日7月2日は、木曜日、博多祇園山笠、「1日~15日まで」      仏滅、

1_20200627105501

                     半夏生

 

Photo_20200627110001

                     明るき裾野

二十四節季七十二項のうち夏至の第三項に当たり夏至から数えて

十一日目七月二日頃である。一般に田植えの終わるころとし梅雨

の後期に相当し、全国各地でいろいろと農事に関する風習があり

半夏半作とも言われ農事の目標ともした。

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »