« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

八月尽

今日8月31日、二百十日、                      先勝、

Photo_20200827092101

                                             八月尽

Photo_20200827092301

                                    滝の音

八月尽とは八月の終わる事、二月尽、三月尽、あるいは四月尽ほど

馴致されていないきらいはあるが、夏休みや避暑の季がいよいよ終

るという気分に今日的な感慨はあろうと言っても、尽という語感

その響きがありことに八月はむすびついた強さが、  尽かな。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

打ち水

今日8月29日は、土曜日、不正就日、       大安、

明日8月30日は、日曜日、              赤口、

Photo_20200825090701

                     逃げる蟻

Photo_20200825090801

                      打ち水

夏野乾ききった炎暑を沈め涼しくするために、門前や庭または

路地商店の庭先などに水を打つ。日中もするが主として夕方に

する。打ち水をして昼の暑さを忘れ人も草木もほっとする。

 

   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

新涼

今日8月27日は、木曜日、愛知一色大提灯、神奈川大山阿夫利神社秋気大祭、先負、 

明日8月28日は、金曜日、                                  仏滅、 

8

                            新涼

Photo_20200823132401

                           庭の松

秋になってから立つ涼気である。これは夏は最も涼しさを願わしい

季節で樹影やそよ風、滝の音や扇の風など繊細な涼味が快く感じ

れるからである。それに対して新涼は秋になっての挨拶にやっと

秋らしくなりました、めっきり涼しくなってきましたと言い交わす

よう季節の涼しさを指している。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

秋近し

今日8月24日は、月曜日、京都地蔵ぼん、秩父四萬部寺大施食会、赤口、

明日8月25日は、火曜日、東京亀戸天神祭、旧七夕、         先勝、      

Photo_20200821094501

                                         秋近し 

Photo_20200821094601
 

                                    秋の空

夏の終わり秋も間もない感じられる時期である。春と秋とは

ことに待たれる季節であるから待つ心早く来てほしいという

季節を込めて春近し、秋近しと言う。近頃は待たれる季節が

春、秋、とばかり限らず、夏の山や海冬のスキーなど若人に

とっては待たれる季節である。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

残暑

今日8月22日は、土曜日、三碧、             仏滅、

明日8月23日は、日曜日、処暑、一遍上人忌、    大安、          

2_20200819111101

                   ひまわり

Photo_20200819111503

                       残暑

暑さ寒さも彼岸までと俗にいうように九月半ばまではまだ暑さを

感じる。ことに八月中はまだ厳しい残暑を身に感じる。立秋以後

の暑さは残暑と言うべきだが、ことに一度涼しくなってからまた

ぶりかえした暑さを言うのにふさわしい。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

初蜩 「ハツヒグラシ」

今日8月21日は、金曜日、不正就日、        先負、

明日8月22日は、土曜日、三碧、           仏滅

Photo_20200817091201

                      初蜩

1_20200821090801

                    小縁で聞く蜩

初蜩体はあまり大きくないがなつからあきにかけカナカナと鳴く

蝉であるが初蝉その年始めて聞く蜩の事である。阿智菓子を感

るこえで夜明けや日暮れによく鳴く。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

心太、ところてん

今日8月19日は、水曜日、秋田花輪ばやし、      先勝、

明日8月20日は、木曜日、鎌倉市鎌倉宮祭、      友引、

Photo_20200815102801

                     心太

1_20200815102901

                    ところてん

天草を日にさらし水を浸してつき,それを笥㋨上に干し,さらに

煮て溶かし袋で濾して砂や石などを取り去り方に入れて固めた

ものを冷たい水に入れて置き、心太突きで突き出して酢,醤油

や蜜などをかけて食べる。江戸時代から町中の氷屋などで庶民

に好まれたさわやかな食べ物である。

   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

灼くる

今日8月17日は、月曜日、滋賀建部夏祭り、               先負、

明日8月18日は、火曜日、千葉だらだら祭、伝教大師誕生会、    仏滅、

1_20200810095501

             灼くる

Photo_20200810095601

           サンダル脱ぐ

真夏の太陽の直射熱のはげしさである。ことに日盛りの砂浜や岩場

そして舗装路などは素足で歩くと火傷するように熱い。灼けると同

じこれも近来の言葉として意識される。暑い、灼けるがね。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

遠花火

今日8月15日は、土曜日、月遅れ盆、終戦記念日、全国戦没者追悼式、 先勝、

明日8月16日は、日曜日、盆送り火、京都、箱根大文字、松島灯籠流し、 友引、

1_20200810102601

                        夜空の花火

Photo_20200810102801

                        遠花火

打ち上げて花のように開く揚げ花火や地上に仕掛けて見事な

仕掛け花火があるが勇壮な爆音の後の五彩の火は夏の夜空に

美しい。両国や双子多摩川の渡しの大花火も又夏の行事とな

っている。花火が盂蘭盆行事としての意味より夏野の雨量の

意味を主として考えられるようになった。 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

納涼

今日8月13日は、木曜日、月遅れ盆迎え火、一粒万倍日、    大安、

明日8月14日は、金曜日、奈良春日大社万灯籠、         赤口、

3_20200807112701

                        納涼

Photo_20200807112801

                        門涼み

の夕べは、暑さを避けて縁に出たり野外に、または橋の上

やら、川端の涼しい場所を求めて一抹の涼をくむや、縁端や

門口の涼み台で涼しい夜風に吹かれながら、思わず時を時を

過ごす時もある。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

日盛り

今日8月11日は、火曜日、高知よさこい祭りであったが    ?  先負、

明日8月12日は、水曜日、徳島阿波踊り、            ?  仏滅

1_20200803151401

                    日盛り

Photo_20200803151601

                    風を待つ

夏の日中の最も暑い盛りである。正午頃からことに二時~三時

頃を指して言われており日の盛りともいう、炎天、炎昼、灼くる、

油照り、等とも云はれ極暑の太陽熱の激しさを強調する言葉と

して残っている。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

片陰

  今日8月9日は、日曜日、長崎原爆の日、京都清水寺千日参り、16日まで、先勝、

明日8月10日は、山の日、館山安房神社祭、西鶴忌、                友引、

        1_20200803140201

                           片陰

2_20200803142701 

                     片陰の昼下がり

炎暑の日影である。灼くような日光も正午すぎると少しずつ木の下

や、家の軒に日影が生まれてきて道行く人が佇んだりする。片陰ま

たは片かげりに至っていかにも夏らしい情趣のゆたいをそこに見出

すようになった。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

立秋

今日8月7日は、金曜日、立秋、鼻の日、新潟祭、9日まで             大安、

明日8月8日は、土曜日、下関忌宮数方庭祭、御岳山雲上大御神火祭、    赤口、  

3_20200803100001 

                        立秋

1_20200803100301

                       山影の緑

土用が明けてまた暑い盛りだが、風の音にももう秋が来たという感じ

する時節である。今朝の秋とは立秋の日の朝の爽やかな感じを言

けれど立秋の頃はまだ暑さの盛んだが立秋後の暑さは残暑という。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

かき氷

今日8月5日は、水曜日、山形花笠まつり、7日迄となっていますが ?  先負、

明日8月6日は、木曜日、広島平和記念日、仙台七夕、広島厳島神社管弦祭、

東京佃祭、7日まで、  コロナのため行事の中止がありますので、 ?  仏滅、

         1_20200728135201

                         かき氷

Photo_20200728135301

                      どこから食べよう

夏期の氷菓子の総称でもある。アイスクリームは牛乳、鶏卵、砂糖

その他抹茶などまで、各種の果汁や香料を加えて多くの種類がある、

小豆餡を混ぜたのが小椋アイス、または小豆アイスと呼ばれている。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

夏の雲

今日8月3日は、月曜日、秋田竿灯、6日まで、多賀大社萬燈祭、  先勝、

明日8月4日は、火曜日、京都北野天満宮例祭、久留米祭、     友引、

Photo_20200728114801

                      夏の雲

Photo_20200728132201

                     湖上の雲

特色のある夏雲は綿帽子雲とも云われる、積雲や雲の峰というときも

ある。夏の朝雲、夕雲にもそれぞれ特色があろう。積雲、積乱雲共に

大地が太陽に灼けて、さかんな上昇気流によって生ずるものを言う。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

夏の朝

 

今日8月1日は、土曜日、水の日、大宮氷川神社例祭、諏訪お船祭、

        横浜身代わり不動尊胃腸病封、癌封、           大安、

明日8月2日は、日曜日、土用二の午、八戸三社祭、桑名石取祭、

       青森ねぶた祭、7日まで今年は中止の予定、        赤口、

3_20200728111201

                                             夏の朝

Photo_20200728111801

                                朝焼け

誰でも知っている感じを筆で書き表そうとすると難しいが、これは

初夏から仲夏にかけての感じで朝起きた時に、庭の木々の緑が

目に入りつまり春にも秋にもないことで、これが夏の朝なのだと

思へば当たっていると思う。細かい観察はここから始まると思う。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »