« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月29日 (日)

野菊

今日11月29日は、日曜日、三碧、        赤口、

明日11月20日は、月曜日、二黒。        先勝、         

3_20201125101201

                                         野菊
  1_20201125102901
                                       
                     帰り路

秋も深まってから山矢野に咲く野生の菊の総称であって、野菊と

言う名の植物があるわけではない。野紺菊、山白菊、沢白菊など

と呼ばれるものの種類がすこぶる多く淡紫、黄、白などの可憐な

花をつけ秋の野山を美しく彩る。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

秋簾

今日11月27日は、金曜日、一粒万倍日、            仏滅、

明日11月28日は、土曜日、税関記念日、東京品川千体荒神大祭、

         親鸞聖人忌、防腐天満宮裸坊祭、       大安

Photo_20201122085802

                   秋簾

Photo_20201122085801

                   風と遊ぶ簾

夏中日影に用いた簾を秋に入っても西日を遮ってくれるため

に吊ったままにしておくことがある。日に焼けて汚れたもの

や、ゆがんだままに吊ってあるもの見ると簾も名残となった

風情が濃い。秋冷を覚えるころ簾に、別離の情を覚えるのも

夏の風物詩の一つが消え去ることに哀れを感じるからである。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

松手入れ

今日11月25日は、水曜日、神道修正派教祖教霊大祭、     友引、

明日11月26日は、木曜日、三の酉、一粒万倍日、不成就日、 先負、

Photo_20201121091401

                      松手入れ

Photo_20201121091402 

                     松手入れ

庭や門先の松の手入れを植木湯にやってもらうのは、秋に入る

早々から深秋に及んで行われている。一番手間をかけて丁寧に

容姿に仕上げるのが松である。鋏で枝を降ろし葉の一本一本を

素手で摘み、こぼす青々と散り敷いた葉を踏みながら清々しく

なった枝を見上げると葉の匂いが湧きたって快いものである。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

秋茄子

今日11月23日は、月曜日、労働感謝の日、熊本八代妙見祭、  赤口、

             笠間稲荷献穀献繭祭、大つち、

明日11月24日は、火曜日、とおかんや、島根出雲大社神迎祭、 先勝、

Photo_20201118140401

                     秋茄子

Photo_20201118141401

                   茄子の花

種類の違う茄子があるわけではなく、秋に生る茄子の事である。

秋茄子の美味は有名である。秋茄子は嫁にくわすなとは著名な

諺だがその解釈には二義がある。余りの美味なるがゆえ惜しい

ということと、種が少ないため縁起を担いで石女 「ウルヅメ」 に

なることを恐れ、だがこの美味も今や大量生産の味である。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

小雪

今日11月21日は、土曜日、京都東本願寺報恩講、豊川稲荷大祭、近松忌  仏滅、

明日11月22日は、日曜日、小雪、                           大安、

Photo_20201117144601

                        小雪

1_20201117144601

                       山の小雪見え

二十四気気の一つ陰暦十月の節で立冬の十五日後陽暦では十一月

二十二、二十三日頃に当たり、太陽黄経が二十四 0度に達すると

である。暦に小雪、大雪とあるが、雪とあっも山沿い地方や北日本

以外の地方ではまだ雪が降るに至らない寒さもまた深からず格別に

寒くもなくまた暖かくもなく中ほどの気候である。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

敗荷、「ヤレハス」

今日11月19日は、木曜日、一茶忌、          友引、

明日11月20日は、金曜日、               先負、

Photo_20201115140101  

                                            敗荷

Photo_20201115140601

                      敗荷

 

秋も深まってくると茂っていた蓮の葉が破れ、敗れ葉が風に

鳴いて落莫とした秋の蓮田となるが、蓮の花、蓮の葉、浮葉、

巻葉、は夏の蓮の実の飛ぶ敗荷は秋枯蓮、蓮根掘る四季そ

ぞれの変化がある。「荷」は蓮の葉は「籍」は蓮の根「蓮」

は蓮の実です。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

秋の味覚、秋刀魚

今日11月17日は、火曜日、将棋の日、奈良談山神社例祭   赤口、

              市川中山法華経寺御会式

明日11月18日は、水曜日、不成就日、               先勝、

      Photo_20201112084401

                                         秋の味覚、秋刀魚

1_20201112090201

                                   秋刀魚焼く 

背は鉛色の細長い平たい魚で三十センチ余りに達する。晩秋還流に

乗って十月に金華山沖十一月に銚子沖来て次第に三浦沖から紀州沖

にまで及ぶ。脂肪が多く、塩焼きにして柚子と大根おろしで食べる

とうまく東京人の好みである。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月15日 (日)

冬めく

今日11月15日は、日曜日、七五三、一粒万倍日、   仏滅、

    本州、四国、九州、一般鳥獣狩猟禁止

明日11月16日は、月曜日、旧亥の子餅、炉開き、   大安、         

              Photo_20201111093501

                                       冬めく

Photo_20201111093901

                                   里のホーム 

冬目くとはモフ湯浅氏よりやや冬も進んで身にそう出来たころの

かんじである。まだ冬景色が調ったというのではなく時雨や落葉

や霜や凩、万象がどことなく冬らしくなってきたのを言う。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月13日 (金)

神無月

今日11月13日は、金曜日、秋の全国火災運動、9日から10日まで、赤口、

明日11月12日は、土曜日、二の酉、一粒万倍日、           先勝、

5_20201109094201 7_20201109094301 

                 神の留守の狛犬

1_20201109094501

                  産土神の留守

陰暦十月の称、さまざまな説がある一般的にはこの月諸国の

神々が出雲につどい集まるためとされるが、従って出雲では

出雲では神有月となるがもとより俗説。陽陰なら十一月半ば

に当たるこの季節の自然想には何やら完成を伴って心に響く

諸感がある。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

栗ご飯

今日11月11日は、水曜日、世界平和記念日、        仏滅、

明日11月12日は、木曜日、                    大安、

1_20201107092801

                       栗ご飯

Photo_20201107092801

                       栗の実

栗の鬼皮、渋皮、を剝きそれをそのまま炊き込む場合と、栗

少々茹でて皮を剝き、 手ごろな大きさにしておいてあらかじ

醤油、酒、塩味で炊く、ご飯が吹きあがる前に入れて炊き込む

場合もある。 糯米を使っておこわに焚くこともあるが、季節感

充分で混ぜ炊くご飯手もかかるが心のこもった御馳走になる。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

赤蜻蛉

日暮れの今日11月9日は、 月曜日、119番の日、太陽暦採用記念日、友引、

明日11月10日は  火曜日、不成就日、                   先負、

      Photo_20201106090301

                  赤蜻蛉

3_20201106090301

                 日暮れの赤とんぼ

赤蜻蛉、とんぼう、あきつやんま、秋茜、麦藁とんぼ、塩辛とんぼ

精霊とんぼ、目に属する昆虫の総称で夏から秋遅くまでいろいろ

種類が見られる。成虫幼虫共に肉食で他の昆虫を捕食する。

大きな複眼が特徴都市部では数が減りとんぼ釣りをする子供の

姿も見られなくなった。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月 7日 (土)

立冬

今日11月7日は、土曜日、立冬、                   赤口、

明日11月8日は、日曜日、世界都市計画の日、京都伏見稲荷火焚祭、

        京都松尾大社上卯大祭、京都嵐山紅葉、      先勝、 

       2_20201103113201

                     立冬

3_20201103133901

                   立冬の峰

二十四節季一つで陰暦で十月の節で霜降りの後十五日、陽暦

十一月の七日か八日ごろに当たる。この日から冬に入るわ

けだが冬の季節が本格的に吹き出すのもこの頃だし日差しも

弱まり日の暮れるのも早くなる。冬を迎える緊張感を心に覚

える。季節の折り目をはっきりと感じさせる。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月 5日 (木)

干し柿

今日11月5日は、木曜日、世界津波の日、八せん始め、   仏滅、

明日11月6日は、金曜日、   無                 大安、

    1_20201103094701   

                   干し柿

Photo_20201103094701

                  干し柿緞帳のごと

渋柿の皮をむき竹串に連ね差し、または縄に挟んで吊るし

渋み取り去るため陰干しや日乾しにする。こうしておくと

水気がまったくなくなり、肉も緊って柿の表面にやがて自然

に白く粉を噴いて甘くなりこの白い粉の噴き加減で味の良さ

が決まる。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

 

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

そぞろ寒

今日11月3日は、火曜日、あ文化の日、明治神宮例祭、

東京足立皿沼不動万灯祭、                 友引、

明日11月4日は、消費者センター開設記念日、     先負、 

          Photo_20201030100401

                                     落ち葉

Photo_20201030104401

                                そぞろ寒

秋になって、そぞろに寒さを覚えるほどの寒さを言うのである

がやや寒、うそ寒、等の寒さの程度には大差はない、心持の

の寒さの語で、うそうそと寒く、覚えぬ心に受け止められる

うな寒さで織る。冷ややかよりも、やや強く身に覚える寒さ

秋寒とほぼ同義と考えたい。

 



にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

秋の声

今日11月01日は、日曜日、燈台記念日、教育文化週刊、計量記念日、  赤口、

明日11月02日は、月曜日、一の酉、唐津くんち、一粒万倍日、不成就日、先勝、

3_20201028094001

                     秋の声

1_20201028085201

                    秋の日

秋は空気が澄んでいるので遠くの音でもはっきり聞こえる。秋の夜

など静まり返った中に、なにものともしれぬ声がしんしんと耳に響

くことがある。秋の﨟颯たる風音その他木の葉、笹の葉、萩の葉の

そよぎ、落ち葉や虫の声などにも秋の季がこもってもの寂しく、時

には一種のすごみさえ感じられる。

 

    

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

よかったらクリックお願いします

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »