つぶやき

柳の芽

柳の芽、芽柳、芽張り柳の呼び名がありなかでも枝垂れ柳は芽吹きが美しく

讃えられる。早春まず新しい枝が伸び始めついでその枝に浅緑の新芽が吹き

出す。芽の出る前に黄緑色の花が咲くが、あまり人目つかない。芽吹いた柳が

池畔や道端で揺れている光景はいかにも春らしい

 

  
                                                      

              湖畔の柳                               柳树 / 刘云天

 

 

       芽柳の湖畔に揺るる風の向き

                      かんなくづ人

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸

お彼岸も明けましたね。お彼岸とは春分の日を中日とする前後
三日の七日間ですが、単に彼岸といえば春の彼岸をさす。
寺では彼岸会を修し先祖の墓参りをする。暑さ寒さも彼岸まで
というようにこのころから春暖の気が定まるといわれています。
  

        

| | コメント (0)

我が家の健康と快気祝い

米寿に手の届く爺さん私二十日間の入院生活退院して一か月ようやく元の

体に近くなってきたので子供や孫たちにも心配かけたのでここでお爺さんの

快気祝いをしようと話しが決まり孫達の都合も考えて決めたのが十六日の

土曜日、カレンダーをみたら大安と記してあった。孫達に囲まれて快気祝い

の一夜でした。みんな有難う。 

 

         >

                  快気祝いの酒

  

              ちらし寿司                         快気祝い

       病癒え快気の宴や  寿 

                        ( いのちなが )
                              かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の桜  ~ 2

早咲きの我が家の桜満開です。道行く桜人も足止めして楽しんでおります。

開花から満開まで短い期間ですが庭を飾ってくれます。満開と言うことは

散る花に変わるわけてすが惜しまれて散り行く花こそ桜かなと惜しまれる

ものですが、花は散っても実を残すさくらんぼですよこれ又我が家の楽し

みです。もう小鳥も来て楽しんでいる様子です。

 

  

                         
           

                                   桜  

           花満ちて散り行く花もありにけり

                                        かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春時雨とは

春時雨、春驟雨 「ハルシヨウウ」 とも言う。春になつても時雨ることがある。春の雨

には明るさと艶やかさが感じられる。春驟雨はやや雨足の強い春のにわか雨

で雷を伴うこともある。時雨は本来冬に断続的に降る雨をいう。近時は春時雨

秋時雨のようにも用いられるようになったとも言われます。

.    

 

   

                           春時雨

              
1

                                    春時雨  里の夕暮

 

         絵馬濡るる百の願や春時雨

                                  かんなくず人

  にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開花待つ我が家の桜

我が家の庭に十一年前に植えた桜があります。かなり大きくなっておりますが

花の名前は分かりません、早咲きで奇麗な花で楽しませてくれます。早咲き

なので道行く人も楽しませてくれます。花が終わるとさくらんぼが楽しめます。

花の名前が解りませんが札を見るとさくらんぼの名前の「暖地」とかいてあり

ます。またこのさくらんぼはおいしくてご近所や子供達におすそ分け家内は

花をたのしんでからのさくらんぼの楽しみがあるようです。

    

               まだ.蕾                            さくら

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康という宝

健康は天から与えられた尊い財宝である。その宝をいかに大切にし一層磨き

上げていくかはそれぞれ各自に課せられた命題である。不摂生を続けて管理

を怠れば当然その報いは当人が背負わなければなりません。

人類には四百四病があると仏教は説いでいます。私も米寿迎える寸前ですが

高齢者の手術にいろいろな問題を抱えながらも決断し六時間にもわたる手術

を終え医学の高度な技術を感じながら自宅養生の日々です。明日は初めての

外来の日で主治医の先生に会える喜びを感じています。

 

            病院夕食                                病室

     病床に臥して見る富士窓の春

                               かんななくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六輝の意義と吉凶

六曜星、あるいは略して六曜ともいい暦法の一種です。先勝 「センガチ」 この日は

急用や訴訟などに用いて吉の日とされていますが、.ただし午後は凶です。

友引 「トモヒキ」 この日は一日吉の日です。ただし昼は凶でこの日に葬儀を行うと

死者の道ずれにされるおそれがあるとされています。先負 「センマケ」 この日は静

かにしているのがよいとされ、急用は避けた方がよいとされますが、但し午後は

大吉となります。 仏滅 「ブツメツ」 この日は陰陽道においてすべてが凶の日とされ

ています。大安 「タイアン」 この日はもろもろに用いて吉の日とされております。

赤口 「シャッコウ」 この日は何事をするにも凶の日とされ但し正午のみ吉となります。

六輝の意義と吉凶から拾い読み

             こ

             
                               気象暦

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

啓蟄とは

今日は啓蟄です。啓蟄とは、二十四節気一つで新暦三月五日ごろにあたる

暖かくなってきて冬眠していた蟻、蛇、蛙などが穴を出る頃とされる。冬眠し

ていた蛇が温かくなり穴から這い出すが三月六日前後で実際には本格的

な活動をしていない啓蟄の頃といわれるが、人目につきやすい青大将は

九州でも早い時で三月初旬から四月初旬が初見である。

                 

.                                  蛙

       

               _青大将                           臭巨山蟻 

 

           啓蟄や北上川も天に告ぐ

                               かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二十四節気の説明

古代中国では陰暦が用いられ、日付けが太陽の位置とは無関係であったので

「春夏秋冬」 の循環による暖暑涼寒の従来のズレを生じることになりました。

これを補うために日付けとは別に、季節区分法が必要となり一期を約十五日に

一年を二十四節気に分けました。つまり太陽の黄道上の位置黄径三百六十度

を二十四等分した位置にそれぞれの節気を配置し、一年の気候の推移を知る

ようにしたものです。立春から雨水で二月は終り三月は啓蟄、春分と追い月が

替わったらまた調べてみます。

  

                          立春

                             

                                      雨水の朝
             

 

          万物の萌芽の兆し雨水かな

                                  かんなくず人

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

よかったらクリックお願します


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧